ピーナッツに含まれる栄養と成分って何があるの?

ピーナッツは気軽に食べられるので、栄養や成分はどうなのか、と思うことがあります。
食べすぎると鼻血が出ることもあり、ニキビができてしまうこともあります。
ですが、ピーナッツには様々な栄養があるのです。
ピーナッツの成分の半分は脂肪分です。
ですが、動物性ではなく植物性の脂肪で、血液の中の悪玉コレステロールの値を下げ、血液の状態を良くする効果があります。

主にオレイン酸やリノール酸が含まれており、この2つの不飽和脂肪酸は生活習慣病を予防することができるのです。
この他、ビタミンEやナイアシン、レシチンといった栄養素が含まれています。
ビタミンEは美容のビタミンとも言われ抗酸化作用によって、細胞を若返らせ、老化を遅らせたり心筋梗塞や脳卒中、癌の予防になります。

血行も良くする働きがあるので、冷え性も改善することができます。
ナイアシンはアセトアルデヒドを分解します。
アセトアルデヒドは二日酔いの原因となっており、多くなると肝臓への負担が増してしまいます。
ナイアシンをあらかじめ摂っておくことで二日酔いを予防することができ、レシチンは脳を活発にし、記憶力を向上させます。

この他の成分としては、ピーナツの渋皮に含まれているポリフェノールがあります。
抗がん作用やアンチエイジングなどに効果があります。

p1

ピーナッツの栄養って、どんな効果や効能があるの?

ピーナッツというと、油脂が多くて太る、ニキビや吹き出物の元となると言ったネガティブなイメージを持っている方が多いと思いますが、実は美容効果や生活習慣病の予防などの効果が期待できる食品です。

まず、ピーナッツに含まれる栄養として代表的なのが脂質。
脂質と聞くと太る原因になってしまうように感じられますが、ピーナッツの含まれるのは植物性の脂質で、オレイン酸やリノール酸という種類なので血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げて動脈硬化などの生活習慣病を予防する効能が期待できます。

また、ピーナッツに多く含まれるナイアシンという栄養素は二日酔いの原因となる物質を分解する効用があるのでお酒のおつまみに最適です。
さらに、アーモンドに準じて多く含まれているビタミンEは強い抗酸化作用がありますので、アンチエイジングの効果が期待できるとともに、心筋梗塞や脳卒中の予防の効能も期待できます。

加えてレシチンという栄養素も含まれており、脳の神経細胞の働きを活発にする効能があるので仕事や勉強のおやつに適しています。
このように、一般的なイメージとは裏腹に太りにくく、生活習慣病の予防から美容効果、脳卒中や心筋梗塞のリスクも低くしてくれるピーナッツは積極的に摂取したい食材といえます。

p2

生ピーナッツの栄養ってどんなものなの?

私たちがよく目にするピーナッツって大抵、炒ってあるものですよね。
八月の終わり頃まだ若い未熟性な段階で収穫され、炒らずに生のまま出荷されるビーナッツがあるって知ってました?

生のピーナッツの薄皮にはレスベラトロールという栄養素が含まれていますが、これはワインなどにも含まれるポリフェノールの一種で、いわずと知れた抗酸化作用が期待できます。

レスベラトロールは炒ったものには含まれていないので、生ならではの栄養素です。
他にも生ならでは、なのがビタミンCが含まれていること。
炒ったものに比べて低カロリーで炭水化物の量も少ないというメリットもあります。
この生ピーナッツ、茹でると自然な甘みとコクが口の中に広がって、ハマってしまうおいしさです。
ナッツ類というと、カロリー・脂質高めで肥満の大敵というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、適量であれば嬉しい栄養素がいっぱいです。

ビーナッツに含まれる脂質はオレイン酸・リノール酸と言った不飽和脂肪酸がメインで、コレステロールを抑制する効果があるんです。
また、ナイアシンも含まれていて、アセトアルデヒドを分解しますので、一緒に摂取したアルコールによる肝臓への負担軽減や二日酔い予防効果も期待できます。

p3

妊婦さんにも良い効果があるの?

ピーナッツは栄養豊富なことで知られていますが、実は妊婦さんにとっても良い効果があるということをご存知ですか。
以前は妊婦さんがピーナッツを食べるとアレルギーを発症すると言われていましたが、今はそのようなことはないとされています。

そもそも、ピーナッツにはどのような栄養素が含まれているのかというと、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸や食物繊維、抗酸化作用のあるビタミンEやむくみ予防効果があるカリウムなどが多く含まれています。

さらに整腸作用のあるビフィズス菌やオリゴ糖も含まれています。
このようにピーナッツは健康・美容において高い効果があるのです。
そして、妊婦さんの場合、妊娠によるホルモンバランスの変化やお腹の圧迫により便秘になったりむくみがちです。

また、高血圧で悩んでいる妊婦さんもいます。
そんな時にピーナッツには整腸作用のある成分やむくみ予防効果のある栄養成分が含まれているため、便秘やむくみを改善することができるのです。

また、妊婦さんにとって嬉しい成分である葉酸も含まれています。
葉酸は赤ちゃんの脳や神経系の障害を防ぐとともにお母さん自身の栄養不足を防ぐ効果があります。
このようなことから妊娠中の間食や食事に適量を用いることをお勧めします。

p4

栄養についてもっと知るなら

ピーナッツの栄養をかなり解説しました。
その中でも、ピーナッツの薄皮が含むレスベラトロール。ちょっと詳細を突っ込んで知ってみたいという方もいるかもしれません。
そういう方のために、レスベラトロールがすごく詳しく紹介されているサイトを載せておきます。